金曜日/ことわざ

投稿日:2020年6月12日

天上天下唯我独尊

てんじょうてんげゆいがどくそん

この世の中で、自分より尊いものはないということ。
人間性の尊厳を言い表したことば。

転じて、ひとりよがり。
「天下」は「てんが」とも読む。
「唯我独尊」だけでも用いる。

釈迦が誕生したときに七歩歩き、一方の手で天を、
一方の手で地をさして、四方を見回してこのことばを
唱えたという話に基づく。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 金曜日/ことわざ

関連記事

飛んで火に入る夏の虫

飛んで火に入る夏の虫

とんでひにいるなつのむし 進んで危険に身を投じ、災難を招くたとえ。 灯火に集まってくる虫が焼け死ぬこ …

天高く馬肥ゆ

天高く馬肥ゆ

てんたかくうまこゆ 秋の快適な気候のこと。 秋は大気も澄みわたって天も高く感じられ、 牧草も実って馬 …

猫は三年の恩を三日で忘れる

猫は三年の恩を三日で忘れる

ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる 猫は三年間飼ってもその恩をわずか三日で忘れる。 猫が人の恩を …

採用情報  お問い合わせ