ことわざ

投稿日:2020年6月12日

天上天下唯我独尊

てんじょうてんげゆいがどくそん

この世の中で、自分より尊いものはないということ。
人間性の尊厳を言い表したことば。

転じて、ひとりよがり。
「天下」は「てんが」とも読む。
「唯我独尊」だけでも用いる。

釈迦が誕生したときに七歩歩き、一方の手で天を、
一方の手で地をさして、四方を見回してこのことばを
唱えたという話に基づく。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

鬼に金棒

鬼に金棒

おににかなぼう 強い上に、さらに強さを加えることのたとえ。 ただでさえ強い鬼に、鉄の棒を持たせる意か …

牛の歩みも千里

牛の歩みも千里

うしのあゆみもせんり 怠らずに努力を続ければ、 大きな成果があるというたとえ。 牛の遅い足取りでも、 …

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず

天は人の上に人を造らず、人の下に人を造ら…

てんはひとのうえにひとをつくらず、ひとのしたにひとをつくらず 人間は生まれたときからすべて平等で、 …

採用情報  お問い合わせ