人生・宗教

投稿日:2020年6月9日

吾唯足知


われだたたるをしる

仏遺教経(お釈迦さまの遺言のお経)の中に
 「知足の者は賤(いや)しとも雖(いえど)も富めり」
 「不知足の者は富めりと雖(いえど)も賤(いや)し」
とあるところから取ったものです。

足ることを知る人は心は穏やかであり、
足ることを知らない人は、心はいつも乱れている。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 人生・宗教

関連記事

自己中心の克服

自己中心の克服

自分では正義だと思ってやっていても、 全体から見ると、みんなに迷惑をかけてしまう といったことが、し …

相手の身になる

相手の身になる

人それぞれが置かれている環境、 育った環境によって、 たとえ同じことを経験しても、感じ方、 受け取り …

自分を飾るよりも

自分を飾るよりも

人間としてこの世に生を受けることは 至難なことです。 自分を産んでくれた両親をはじめ、 代々のご先祖 …

採用情報  お問い合わせ