仏教の教え

投稿日:2020年6月14日

縁起観 / 縁起の法

縁起とは因縁であり、因・縁・果・報です。

すべてのものは原因(因)があって、
それがある条件(縁)に会ったとき、
その結果がある現象(果)として現れるのである。
そして、その「果」は、かならずあとあとまで
尾を引くはたらき(報)を残すものである。

「これあればかれあり、
これなければかれなし、
これ生ずるが故にかれ生じ、
これ滅するがゆえにかれ滅す」
という句で表されています。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 仏教の教え

関連記事

自燈明・法燈明の教え

自燈明・法燈明の教え

釈尊が入滅を前にして阿難にいい残された教え。 「またとない大導師であられる世尊が なくなられたら、い …

弾琴(だんきん)の教え

弾琴(だんきん)の教え

釈尊はこうお聞きになりました。 「守籠那(ソーナ)よ。あなたは家にいたころ、 たいへん琴を弾くのが上 …

八正道 / 日常生活を正しくする道

八正道 / 日常生活を正しくする道

正見(しょうけん)・正思(しょうし)・正語(しょうご) 正行(しょうぎょう)・正命(しょうみょう)・ …

採用情報  お問い合わせ