人生・宗教

投稿日:2020年6月16日

謙虚さを忘れない

とかく人は、実現できない大きな目標を
単なる理想論にすぎない、
といって片づけてしまいがちですが、
理想があればこそそれをめざして歩くことができ、
また自分の足りなさを省みることができるのです。

「愚かなる者も自分は愚かであると
知っていれば、それは賢者である。
愚者でありながら、しかも自分は賢者であると
思う者こそ愚者というべきである。」

私は足りない人間だという謙虚さを忘れないこと、
それが人間成長に欠かせない要件だと
私は思うのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 人生・宗教

関連記事

吾唯足知

吾唯足知

われだたたるをしる 仏遺教経(お釈迦さまの遺言のお経)の中に  「知足の者は賤(いや)しとも雖(いえ …

恨みをすててこそ

恨みをすててこそ

実にこの世においては 怨みに報いるに 怨みを以てしたならば ついに 怨みの息むことがない 怨みをすて …

人間の味

人間の味

最近は、いつでも四季の野菜が食べられますが、 半面、季節感が失われたともいわれます。 昔食べたのとは …

採用情報  お問い合わせ