ことわざ

投稿日:2020年6月19日

初心忘るべからず

しょしんわするべからず

何事も最初の謙虚な気持ちや真剣な決意を
忘れてはならないということ。

習い始めたころの芸の未熟さや、
最初の経験を忘れてはならないという戒め。

世阿弥(ぜあみ)が能楽の修業について
言った言葉。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

朔日毎に餅は食えぬ

朔日毎に餅は食えぬ

ついたちごとにもちはくえぬ いつもよいことがあるとは限らないということ。 ついたちに餅が食べられるの …

和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす

[ わをもってとうとしとなす ] 人々がお互いに仲良くやっていくことがもっとも大切なことである。 何 …

火を見るよりも明らか

火を見るよりも明らか

ひをみるよりもあきらか 極めて明白で疑う余地のないこと。 燃えている火よりもはっきりみえるという意か …

採用情報  お問い合わせ