ことわざ

投稿日:2020年6月19日

初心忘るべからず

しょしんわするべからず

何事も最初の謙虚な気持ちや真剣な決意を
忘れてはならないということ。

習い始めたころの芸の未熟さや、
最初の経験を忘れてはならないという戒め。

世阿弥(ぜあみ)が能楽の修業について
言った言葉。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

帯に短し襷に長し

帯に短し襷に長し

おびにみじかしたすきにながし 中途半端で、役に立たないことのたとえ。 物の使い道や人間の能力を評価す …

一年の計は元旦にあり

一年の計は元旦にあり

いちねんのけいはがんたんにあり 一年の計画は年の初めの元旦に立てよということ。 物事は計画を立てて実 …

猫は三年の恩を三日で忘れる

猫は三年の恩を三日で忘れる

ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる 猫は三年間飼ってもその恩をわずか三日で忘れる。 猫が人の恩を …

採用情報  お問い合わせ