ことわざ

投稿日:2020年6月26日

心頭を滅却すれば火もまた涼し

しんとうをめっきゃくすればひもまたすずし

心の持ち方ひとつで、
どのような苦難もしのげるという教え。

心の中から雑念を消し去って、
無念無想の境地に到れば、
火さえも涼しく感じられるということから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

足ることを知る

足ることを知る

たることをしる 自分はこれで十分だと満足すること。 分相応に満足する気持ちを持つことが、 常に心も満 …

蓼食う虫も好き好き

蓼食う虫も好き好き

たでくうむしもすきずき 人の好みはさまざまであるということ。 よりによって、辛い蓼の葉を好んで食べる …

背に腹はかえられぬ

背に腹はかえられぬ

せにはらはかえられぬ 大事のためには、小事を犠牲にするのもやむを 得ないというたとえ。 背中を大事な …

採用情報  お問い合わせ