親子・家族

投稿日:2020年7月25日

女の三従

聖徳太子は『勝鬘経』という経典の解説で
「家にあっては親に従い、嫁いだら夫に従い、
年老いたら子に従うのが女性の三つの徳目である」
という「女の三従」の教えを説かれています。

これは、うっかりすると女性にだけ忍従をしいる
教えのように誤解されがちですが、これを
「生まれたら親に合わせる。嫁いだら
夫に合わせる。年老いたら子どもに合わせる。
それが女性の幸せの源泉である。」
と解釈したら、どうでしょうか。

相手を上回る実力をそなえていてこそ、
相手に合わせられるのです。
ほんとうの実力者は、
いつも相手に従っていながら、
いつのまにかみんなを従わせているものなのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 親子・家族

関連記事

人を思いやる心

人を思いやる心

人間にとっていちばん大事なのは、 人さまの心が分かること。 つまり、人の喜びや悲しみがよく分かって、 …

真似が大事

真似が大事

幼い子どもは、親が仕事をしていると かたわらでその真似をしたがります。 お母さんが手紙などを書いてい …

親の生きる姿

親の生きる姿

動物はみな、親を真似てそれを身につけて いきます。 ですから、親から引き離されて育った動物は、 年ご …

採用情報  お問い合わせ