四字熟語

投稿日:2020年7月30日

善因善果 / ぜんいんぜんか

よい行いをしていれば、
いずれよい報いがあるということ。

「善因」は仏教語で、よい結果を生む
もととなる原因の行い。
「善果」はよい行いの報い。
人の行いの善悪に応じてその報いが現れる
『因果応報』のよい面。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 四字熟語

関連記事

才色兼備 / さいしょくけんび

才色兼備 / さいしょくけんび

すぐれた才能と美しい容姿の両方を もっていること。 多くは女性についていう。 「才色」は才知・才能と …

公明正大 / こうめいせいだい

公明正大 / こうめいせいだい

私心をさしはさまず、公正に事を行うこと。 また、そのさま。 「公明」は公平で私心のないこと。     …

祖逖乃誓 / そてきのせい

祖逖乃誓 / そてきのせい

目的が達成されるまでは生きて帰らないという 決意のこと。 「祖逖」は中国東晋の将軍。 …

採用情報  お問い合わせ