ことわざ

投稿日:2020年8月7日

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ

知らないことは積極的に質問したほうが
よいという教え。
知らないことを聞くのは、
そのときは恥ずかしいが、
聞かずに知らないままでいれば、一生恥ずかしい
思いをして過ごすことになるということ。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

牛の歩みも千里

牛の歩みも千里

うしのあゆみもせんり 怠らずに努力を続ければ、 大きな成果があるというたとえ。 牛の遅い足取りでも、 …

立って居る者は親でも使え

立って居る者は親でも使え

たっているものはおやでもつかえ 急ぎの用事のときは、 親であろうと目上の人であろうと遠慮せず、 近く …

一年の計は元旦にあり

一年の計は元旦にあり

いちねんのけいはがんたんにあり 一年の計画は年の初めの元旦に立てよということ。 物事は計画を立てて実 …

採用情報  お問い合わせ