ことわざ

投稿日:2020年8月14日

孝行のしたい時分に親はなし

こうこうのしたいじぶんにおやはなし

親が死んだあとで、生きているうちに孝行を
しておくべきだったと悔やむこと。
また、親の存命中に孝行をせよという教え。

親のありがたさがわかるような年ごろになって、
親孝行をしたいと思っても、
親はこの世にいないことから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

亀の甲より年の劫

亀の甲より年の劫

かめのこうよりとしのこう 年長者の人生経験や知恵は尊重 しなければならないというたとえ。 「亀の甲」 …

人事を尽くして天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ

じんじをつくしててんめいをまつ 人間ができる限りのことをし、 あとは静かに天命にまかせること。 事の …

猫に小判

猫に小判

ねこにこばん 貴重なものを持っていても、 価値を知らないと何の役にも立たない ことのたとえ。 …

採用情報  お問い合わせ