日曜日/人生・宗教

投稿日:2020年8月16日

現代社会における宗教の役割

第一に、
日常の生活に起こるさまざまな問題や欲求の
解決にあたって、本質的な問題解決の道を
教えること。

第二に、
現実の社会生活において、政治や科学やその他
もろもろの文化が、真に人間の幸福のために
役立ちうるよう、それらの共通の基盤となる
根本的な指導理念や人生智を教えること。

第三に、
人間として避けることのできない、
生・老・病・死などの究極的な問題に対して、
根本的な心の解決を与えること。

第四に、
人間は「何のために生きるのか」、
また、「どのように生きるべきか」という、
人間として生きていくうえの目的や
心のもち方について、究極的な解決を与えること。

第五に、
人間が個人として自己の完成し、また社会の平和境を
建設するために、十二分の力を発揮し、
最善の貢献をなしうる道を教えること。

以上の諸点が、現代社会における宗教の役割
でなければならないと思います。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 日曜日/人生・宗教

関連記事

相手の身になる

相手の身になる

人それぞれが置かれている環境、 育った環境によって、 たとえ同じことを経験しても、感じ方、 受け取り …

「信じる」ということ

「信じる」ということ

仏の教えを信じて行じるといいましたが、 それが大事だとわかっていても、 私たちはときおり心がぐらつい …

どう受け取るか

どう受け取るか

ものごとの受け取り方はさまざまです。 悲観的、否定的に受け取ることもできるし、 肯定的に感謝の心で受 …

採用情報  お問い合わせ