土曜日/親子・家族

投稿日:2020年8月22日

ほんとうの厳しさ

ほんとうの厳しさとは、怒ることではありません。
「自覚させる」ことであります。
子供が社会で傷ついたとき、それを本当に暖かく
抱きかかえるのは、家庭だけといえましょう。
親は子どもの心の傷をいやしながら、
人生や社会について教えていかねばなりません。
とりわけお母さんがたは、家庭における役割が
大きいのですから、子供の立場になって、
ものごとを考え、仏様のみ教えによって頂いた
愛と智慧を身につけて叱るよりもほめ、
ほめるにも慢心させることなく、自信を持たせ、
より一層はげましになるようにして頂きたいと
思います。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 土曜日/親子・家族

関連記事

子どもを信じきる

子どもを信じきる

家庭教育の中で肝心かなめは、 子どもを信じきることにあるというのが 私の信念です。 自分が産み育てた …

母親の愛情

母親の愛情

いちばん大切なのは、子どもが幼いときに母親が 常に愛情こまやかに慈しみの心や愛について語り 聞かせ、 …

わが子を拝む心

わが子を拝む心

授かった子どもが男の子だから女の子だから といって、不平不満を言うような愚かなことが あってはなりま …

採用情報  お問い合わせ