ことわざ

投稿日:2020年9月4日

立って居る者は親でも使え

たっているものはおやでもつかえ

急ぎの用事のときは、
親であろうと目上の人であろうと遠慮せず、
近くにいる立っている人のだれに頼んでも
かまわないということ。

座っている人が身近に立っている人に用事を
頼むときに、言い訳として使う言葉。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

背に腹はかえられぬ

背に腹はかえられぬ

せにはらはかえられぬ 大事のためには、小事を犠牲にするのもやむを 得ないというたとえ。 背中を大事な …

千里の行も足下より始まる

千里の行も足下より始まる

せんりのこうもそっかよりはじまる どんな大きな事業も、手近なところから始まり、 着実に努力を重ねてい …

親思う心にまさる親心

親思う心にまさる親心

おやおもうこころにまさるおやごころ 子が親を思う心よりも、親が子を思う慈愛の 心のほうが深いのもだと …

採用情報  お問い合わせ