ことわざ

投稿日:2020年9月25日

一寸の虫にも五分の魂

いっすんのむしにもごぶのたましい

小さい者や弱い者にも、それ相応の意地や
根性があるから、侮ってはいけないということ。
体長わずか一寸の虫にさえ、
五分の魂がある意から。

「五分」=一寸の半分。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

孝行のしたい時分に親はなし

孝行のしたい時分に親はなし

こうこうのしたいじぶんにおやはなし 親が死んだあとで、生きているうちに孝行を しておくべきだったと悔 …

足ることを知る

足ることを知る

たることをしる 自分はこれで十分だと満足すること。 分相応に満足する気持ちを持つことが、 常に心も満 …

帯に短し襷に長し

帯に短し襷に長し

おびにみじかしたすきにながし 中途半端で、役に立たないことのたとえ。 物の使い道や人間の能力を評価す …

採用情報  お問い合わせ