四字熟語

投稿日:2020年10月8日

脚下照顧 / きゃっかしょうこ

自分の足元をよくよく見ようという意。

もと禅宗の語で。外に理想を追求するのではなく、
まず自分の本性をよく見つめようと戒めの語。
転じて、他に向かって理屈を言う前に、
まず自分の足元を見て自分のことをよく反省
すべきだということ。
また、身近なことに気をつけるべきことをいう。

「脚下」は足元の意。
転じて、本来の自分、自分自身。
「照顧」は反省し、よく考える。
また、よくよく見る意。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 四字熟語

関連記事

祖逖乃誓 / そてきのせい

祖逖乃誓 / そてきのせい

目的が達成されるまでは生きて帰らないという 決意のこと。 「祖逖」は中国東晋の将軍。 …

心願成就 / しんがんじょうじゅ

心願成就 / しんがんじょうじゅ

心の中の願いがかなえられること。 神や仏などに心から祈っていると、 願いはかなえられるということ。 …

一心同体 / いっしんどうたい

一心同体 / いっしんどうたい

二人、または多くの人が心を一つにして、 あたかも一人の人のように固く結びつくこと。 心も体も一つにな …

採用情報  お問い合わせ