木曜日/四字熟語

投稿日:2020年10月8日

脚下照顧 / きゃっかしょうこ

自分の足元をよくよく見ようという意。

もと禅宗の語で。外に理想を追求するのではなく、
まず自分の本性をよく見つめようと戒めの語。
転じて、他に向かって理屈を言う前に、
まず自分の足元を見て自分のことをよく反省
すべきだということ。
また、身近なことに気をつけるべきことをいう。

「脚下」は足元の意。
転じて、本来の自分、自分自身。
「照顧」は反省し、よく考える。
また、よくよく見る意。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 木曜日/四字熟語

関連記事

才色兼備 / さいしょくけんび

才色兼備 / さいしょくけんび

すぐれた才能と美しい容姿の両方を もっていること。 多くは女性についていう。 「才色」は才知・才能と …

四弘誓願 / しぐせいがん

四弘誓願 / しぐせいがん

あらゆる仏や菩薩のもつ広大な 四つの誓い・願い。 衆生無辺誓願度:すべてのものを悟りの彼岸に     …

盂蘭盆会 / うらぼんえ

盂蘭盆会 / うらぼんえ

陰暦の七月十五日の頃に先祖の霊を招きまつり 冥福を祈る仏教行事。 うら盆。盆。精霊絵 現在では、八月 …

採用情報  お問い合わせ