ことわざ

投稿日:2020年10月23日

起きて半畳寝て一畳

おきてはんじょうねていちじょう

必要以上の富貴を望んでも、
しかたがないとういこと。
人間一人が占める広さは起きているときで半畳、
寝ているときでも一畳であることから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

鬼に金棒

鬼に金棒

おににかなぼう 強い上に、さらに強さを加えることのたとえ。 ただでさえ強い鬼に、鉄の棒を持たせる意か …

千里の行も足下より始まる

千里の行も足下より始まる

せんりのこうもそっかよりはじまる どんな大きな事業も、手近なところから始まり、 着実に努力を重ねてい …

願ったり叶ったり

願ったり叶ったり

ねがったりかなったり 希望通りのことが実現すること。 願ったことが実現して満足するさま。 …

採用情報  お問い合わせ