ことわざ

投稿日:2021年1月22日

朔日毎に餅は食えぬ

ついたちごとにもちはくえぬ

いつもよいことがあるとは限らないということ。
ついたちに餅が食べられるのは正月だけで、
毎月のついたちに食べられるわけではないと
いうことから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

鬼の目にも涙

鬼の目にも涙

おにのめにもなみだ どんなに冷酷で無慈悲な人も、 ときには同情や憐れみの心を起こすことのたとえ。 冷 …

腐っても鯛

腐っても鯛

くさってもたい 価値があるものは、どんな状態になっても 本来の価値を失わないというたとえ。 腐ったと …

笑う門には福来る

笑う門には福来る

わらうかどにはふくきたる いつも笑い声に満ちあふれた家には、 自然に幸福がやって来るということ。 ま …

採用情報  お問い合わせ