ことわざ

投稿日:2021年1月22日

朔日毎に餅は食えぬ

ついたちごとにもちはくえぬ

いつもよいことがあるとは限らないということ。
ついたちに餅が食べられるのは正月だけで、
毎月のついたちに食べられるわけではないと
いうことから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

孝行のしたい時分に親はなし

孝行のしたい時分に親はなし

こうこうのしたいじぶんにおやはなし 親が死んだあとで、生きているうちに孝行を しておくべきだったと悔 …

百聞は一見に如かず

百聞は一見に如かず

ひゃくぶんはいっけんにしかず 百回繰り返して聞くよりも、たった一度でも 自分の目でみるほうが確かであ …

門松は冥途の旅の一里塚

門松は冥途の旅の一里塚

かどまつはめいどのたびのいちりづか 門松はめでたいものだが、正月を迎えるごとに 年をとって死に近づく …

採用情報  お問い合わせ