ことわざ

投稿日:2021年1月22日

搗いた餅より心持ち

ついたもちよりこころもち

品物より心尽くしがありがたいということ。
搗いた餅をもらうのは嬉しいが、その心尽くしは
さらにありがたいということから。
「食べた餅より心持ち」ともいう。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

暑さ寒さも彼岸まで

暑さ寒さも彼岸まで

あつささむさもひがんまで 夏の暑さも秋の彼岸ごろまで、 冬の寒さも春の彼岸ごろまでの意で、 それ以降 …

一寸の虫にも五分の魂

一寸の虫にも五分の魂

いっすんのむしにもごぶのたましい 小さい者や弱い者にも、それ相応の意地や 根性があるから、侮ってはい …

鬼の目にも涙

鬼の目にも涙

おにのめにもなみだ どんなに冷酷で無慈悲な人も、 ときには同情や憐れみの心を起こすことのたとえ。 冷 …

採用情報  お問い合わせ