ことわざ

投稿日:2021年1月29日

伊勢へ七度、熊野へ三度

いせへななたび、くまのへみたび

信仰心のあついこと。
また、信仰心がいくら深くても、
深すぎることはないということ。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

亀の甲より年の劫

亀の甲より年の劫

かめのこうよりとしのこう 年長者の人生経験や知恵は尊重 しなければならないというたとえ。 「亀の甲」 …

若い時の苦労は買うてもせよ

若い時の苦労は買うてもせよ

わかいときのくろうはこうてもせよ 若いうちにする苦労は、将来必ず役に立つから、 進んで経験するのがよ …

和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす

[ わをもってとうとしとなす ] 人々がお互いに仲良くやっていくことがもっとも大切なことである。 何 …

採用情報  お問い合わせ