ことわざ

投稿日:2021年1月29日

御神酒上がらぬ神はない

おみきあがらぬかみはない

神様も酒を飲むのだから、
自分も酒を飲むのだということ。
酒飲みの自己弁護のことば。
神前に供える酒を召し上がらない
神様はいないという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

立つ鳥跡を濁さず

立つ鳥跡を濁さず

たつとりあとをにごさず 立ち去る者は、あとを見苦しくないよう きれいにしておくべきであるという戒め。 …

和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす

[ わをもってとうとしとなす ] 人々がお互いに仲良くやっていくことがもっとも大切なことである。 何 …

門松は冥途の旅の一里塚

門松は冥途の旅の一里塚

かどまつはめいどのたびのいちりづか 門松はめでたいものだが、正月を迎えるごとに 年をとって死に近づく …

採用情報  お問い合わせ