金曜日/ことわざ

投稿日:2021年1月29日

御神酒上がらぬ神はない

おみきあがらぬかみはない

神様も酒を飲むのだから、
自分も酒を飲むのだということ。
酒飲みの自己弁護のことば。
神前に供える酒を召し上がらない
神様はいないという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 金曜日/ことわざ

関連記事

腐っても鯛

腐っても鯛

くさってもたい 価値があるものは、どんな状態になっても 本来の価値を失わないというたとえ。 腐ったと …

老いたるを父とせよ

老いたるを父とせよ

おいたるをちちとせよ 年を取った人を父のように尊敬せよという教え。 出典の、 「年長ずること以て倍な …

伊勢へ七度、熊野へ三度

伊勢へ七度、熊野へ三度

いせへななたび、くまのへみたび 信仰心のあついこと。 また、信仰心がいくら深くても、 深すぎることは …

採用情報  お問い合わせ