「 日曜日/人生・宗教 」 一覧

「信じる」ということ

2020年10月25日

「信じる」ということ

仏の教えを信じて行じるといいましたが、 それが大事だとわかっていても、 私たちはときおり心がぐらついて、教えの軌道を 外れ、自己中心の言動に …

どう受け取るか

2020年10月18日

どう受け取るか

ものごとの受け取り方はさまざまです。 悲観的、否定的に受け取ることもできるし、 肯定的に感謝の心で受け取ることもできます。 事態をどう受け取 …

人の悲しみを悲しむ心情

2020年10月11日

人の悲しみを悲しむ心情

つらい経験をして悲嘆にくれる人に出会ったとき、 私たちは相手を思い、ときにはともに涙したり、 手をとって「いつでもそばにいますよ」と 励まし …

相手の身になる

2020年9月27日

相手の身になる

人それぞれが置かれている環境、 育った環境によって、 たとえ同じことを経験しても、感じ方、 受け取り方は異なるものです。 まったく同じ経験を …

成功と失敗

2020年9月13日

成功と失敗

失敗が好きな人はいませんが、 極端に失敗を恐れて何もしない、 何もできないという人が、 若い人に多くなっていないでしょうか。 事を始める前に …

善因は必ず善果に

2020年8月30日

善因は必ず善果に

善因は善果をもたらし、悪因は悪果を招くという 考え方をすべきです。 しかし、現在の世の中を見ていると、必ずしも そのとおりになっていない場合 …

現代社会における宗教の役割

2020年8月16日

現代社会における宗教の役割

第一に、 日常の生活に起こるさまざまな問題や欲求の 解決にあたって、本質的な問題解決の道を 教えること。 第二に、 現実の社会生活において、 …

自分を飾るよりも

2020年8月9日

自分を飾るよりも

人間としてこの世に生を受けることは 至難なことです。 自分を産んでくれた両親をはじめ、 代々のご先祖さまの大恩に深く思いをいたし、 両親に孝 …

自由に使える時間

2020年7月26日

自由に使える時間

いまは人生八十年時代と言われます。 八百時間は切り捨てて七十万時間としてみますと、 職者の説によると、その半分の三十五万時間は、 寝たり、ぼ …

恨みをすててこそ

2020年7月19日

恨みをすててこそ

実にこの世においては 怨みに報いるに 怨みを以てしたならば ついに 怨みの息むことがない 怨みをすててこそ息む これは永遠の真理である。 …

採用情報  お問い合わせ