ことわざ

投稿日:2020年7月3日

百聞は一見に如かず

ひゃくぶんはいっけんにしかず

百回繰り返して聞くよりも、たった一度でも
自分の目でみるほうが確かであるということ。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

搗いた餅より心持ち

搗いた餅より心持ち

ついたもちよりこころもち 品物より心尽くしがありがたいということ。 搗いた餅をもらうのは嬉しいが、そ …

天高く馬肥ゆ

天高く馬肥ゆ

てんたかくうまこゆ 秋の快適な気候のこと。 秋は大気も澄みわたって天も高く感じられ、 牧草も実って馬 …

足ることを知る

足ることを知る

たることをしる 自分はこれで十分だと満足すること。 分相応に満足する気持ちを持つことが、 常に心も満 …

採用情報  お問い合わせ