ことわざ

投稿日:2020年10月2日

天高く馬肥ゆ

てんたかくうまこゆ

秋の快適な気候のこと。
秋は大気も澄みわたって天も高く感じられ、
牧草も実って馬が肥えてたくましくなる
という意。
「秋高く馬肥ゆ」ともいう。

昔、中国では、北方の騎馬民族の匈奴が、
収穫の秋になると大挙して略奪にやって
きたので、もとは今年もその季節がきた、
という警戒のことばであった。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

牛の歩みも千里

牛の歩みも千里

うしのあゆみもせんり 怠らずに努力を続ければ、 大きな成果があるというたとえ。 牛の遅い足取りでも、 …

門松は冥途の旅の一里塚

門松は冥途の旅の一里塚

かどまつはめいどのたびのいちりづか 門松はめでたいものだが、正月を迎えるごとに 年をとって死に近づく …

一寸の虫にも五分の魂

一寸の虫にも五分の魂

いっすんのむしにもごぶのたましい 小さい者や弱い者にも、それ相応の意地や 根性があるから、侮ってはい …

採用情報  お問い合わせ