ことわざ

投稿日:2020年9月11日

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ぼうずにくけりゃけさまでにくい

ある人のことが憎くなると、その人にかかわりの
あるものがすべて憎らしく感じられること。
坊さんが憎いと思うと、その坊さんが着ている
袈裟まで憎く思われるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

起きて半畳寝て一畳

起きて半畳寝て一畳

おきてはんじょうねていちじょう 必要以上の富貴を望んでも、 しかたがないとういこと。 人間一人が占め …

足ることを知る

足ることを知る

たることをしる 自分はこれで十分だと満足すること。 分相応に満足する気持ちを持つことが、 常に心も満 …

火を見るよりも明らか

火を見るよりも明らか

ひをみるよりもあきらか 極めて明白で疑う余地のないこと。 燃えている火よりもはっきりみえるという意か …

採用情報  お問い合わせ