ことわざ

投稿日:2020年9月11日

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ぼうずにくけりゃけさまでにくい

ある人のことが憎くなると、その人にかかわりの
あるものがすべて憎らしく感じられること。
坊さんが憎いと思うと、その坊さんが着ている
袈裟まで憎く思われるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

百聞は一見に如かず

百聞は一見に如かず

ひゃくぶんはいっけんにしかず 百回繰り返して聞くよりも、たった一度でも 自分の目でみるほうが確かであ …

牛に引かれて善光寺参り

牛に引かれて善光寺参り

うしにひかれてぜんこうじまいり 偶然、あるいは他人に誘われて、たまたま ある場所へ行くこと。 昔、信 …

人事を尽くして天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ

じんじをつくしててんめいをまつ 人間ができる限りのことをし、 あとは静かに天命にまかせること。 事の …

採用情報  お問い合わせ