ことわざ

投稿日:2020年10月2日

天高く馬肥ゆ

てんたかくうまこゆ

秋の快適な気候のこと。
秋は大気も澄みわたって天も高く感じられ、
牧草も実って馬が肥えてたくましくなる
という意。
「秋高く馬肥ゆ」ともいう。

昔、中国では、北方の騎馬民族の匈奴が、
収穫の秋になると大挙して略奪にやって
きたので、もとは今年もその季節がきた、
という警戒のことばであった。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

起きて半畳寝て一畳

起きて半畳寝て一畳

おきてはんじょうねていちじょう 必要以上の富貴を望んでも、 しかたがないとういこと。 人間一人が占め …

猫は三年の恩を三日で忘れる

猫は三年の恩を三日で忘れる

ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる 猫は三年間飼ってもその恩をわずか三日で忘れる。 猫が人の恩を …

帯に短し襷に長し

帯に短し襷に長し

おびにみじかしたすきにながし 中途半端で、役に立たないことのたとえ。 物の使い道や人間の能力を評価す …

採用情報  お問い合わせ