ことわざ

投稿日:2020年6月5日

泥中の蓮

[ でいちゅうのはちす ]

周囲の悪い環境に染まらずに、心の清らかさを保っている人のたとえ。
汚い泥沼中でも、蓮は清らかな花を咲かせることから。
「泥の中の蓮」ともいう。 また、「蓮」は「はす」とも読む。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

蓼食う虫も好き好き

蓼食う虫も好き好き

たでくうむしもすきずき 人の好みはさまざまであるということ。 よりによって、辛い蓼の葉を好んで食べる …

搗いた餅より心持ち

搗いた餅より心持ち

ついたもちよりこころもち 品物より心尽くしがありがたいということ。 搗いた餅をもらうのは嬉しいが、そ …

腐っても鯛

腐っても鯛

くさってもたい 価値があるものは、どんな状態になっても 本来の価値を失わないというたとえ。 腐ったと …

採用情報  お問い合わせ