ことわざ

投稿日:2020年9月11日

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い

ぼうずにくけりゃけさまでにくい

ある人のことが憎くなると、その人にかかわりの
あるものがすべて憎らしく感じられること。
坊さんが憎いと思うと、その坊さんが着ている
袈裟まで憎く思われるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

猫は三年の恩を三日で忘れる

猫は三年の恩を三日で忘れる

ねこはさんねんのおんをみっかでわすれる 猫は三年間飼ってもその恩をわずか三日で忘れる。 猫が人の恩を …

女心と秋の空

女心と秋の空

おんなごころとあきのそら 女の愛情のさめやすいことのたとえ。 女心と秋の空もようはどちらも 変わりや …

老いたるを父とせよ

老いたるを父とせよ

おいたるをちちとせよ 年を取った人を父のように尊敬せよという教え。 出典の、 「年長ずること以て倍な …

採用情報  お問い合わせ