ことわざ

投稿日:2021年1月15日

牛に引かれて善光寺参り

うしにひかれてぜんこうじまいり

偶然、あるいは他人に誘われて、たまたま
ある場所へ行くこと。

昔、信濃(長野県)の善光寺の近くに住みながらも
信仰心の薄い老婆が、さらしていた布を、隣家の
牛が角に引っ掛けて走るのを追いかけていく
うちに、善光寺に着き、それからたびたび
善光寺に参詣し、深く信仰するようになった
という話から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

海老で鯛を釣る

海老で鯛を釣る

えびでたいをつる わずかな労力や元手で、 大きな利益や収穫を得ることのたとえ。 小海老の餌で鯛を釣り …

帯に短し襷に長し

帯に短し襷に長し

おびにみじかしたすきにながし 中途半端で、役に立たないことのたとえ。 物の使い道や人間の能力を評価す …

笑う門には福来る

笑う門には福来る

わらうかどにはふくきたる いつも笑い声に満ちあふれた家には、 自然に幸福がやって来るということ。 ま …

採用情報  お問い合わせ