会社・経営

投稿日:2020年6月8日

ピンチがチャンス

人生でも事業でも、背負いきれないような重荷が
のしかかってくることがあります。
その絶体絶命のピンチにこそ、次の飛躍のヒントが
隠されているのです。
それを見つけられるか、ピンチに押しつぶされてしまうか。

そこでいちばん大事なのは、考えぬき苦しみぬきながらも、
最終的に楽観主義者になれることでしょう。
その楽観主義は、全力を尽くせば必ず大なる力の加護がある、
と信じきるところから生まれてくるのだと思うのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 会社・経営

関連記事

背水の陣

背水の陣

得意のときには、いくら抑えても 奢(おご)りがわいてきます。 それがあたりまえになってしまうと、 苦 …

分に徹する

分に徹する

人間と他の動物との違いは、 人間だけが他者と協力して 仕事を成し遂げられるところにあるといいます。 …

くり返せば深くなる

くり返せば深くなる

毎日同じ仕事でつまらないと思うとき、 「一期一会」という言葉を思い出して ほしいと思うのです。 いま …

採用情報  お問い合わせ