親子・家族

投稿日:2020年6月13日

子に教わる親の恩

子どものことで困り果てて、もう、どうして
いいか分からなくなってしまうというときが、
親御さんなら、どなたにもあるのではない
でしょうか。

そういうときには、子どもをどうしよう、
こうしようということはひとまずおいて、
自分が子どものときのことを思い出して
みてほしいのです。

これまで自分が親にどう対してきたか。
自分がどんなに親に手を焼かせ、心配を
かけてきたか。
自分のために親がどれほどの苦労に耐えて
くれてきたか・・・・・・。

それをすっかり忘れてしまって自分一人で
一人前になったつもりでいるわけです。
その自分を見つめることのほうが先だと
思うのです。
わが子のことで苦しみぬいて、初めて本当に
親の恩が分かってくるのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 親子・家族

関連記事

親の生きる姿

親の生きる姿

動物はみな、親を真似てそれを身につけて いきます。 ですから、親から引き離されて育った動物は、 年ご …

ほんとうの厳しさ

ほんとうの厳しさ

ほんとうの厳しさとは、怒ることではありません。 「自覚させる」ことであります。 子供が社会で傷ついた …

心にしみいる言葉

心にしみいる言葉

お医者さんが病人を病人と見たのでは病気は 治せない、といいます。 健康な人が、いま、たまたま病んでい …

採用情報  お問い合わせ