親子・家族

投稿日:2020年8月8日

真似が大事

幼い子どもは、親が仕事をしていると
かたわらでその真似をしたがります。
お母さんが手紙などを書いていると、
一緒になって紙に字を書いたりします。
そんなとき、うっかり
「じゃまだから、どきなさい」と叱ったりすると、
せっかく自発的にやろうとする気持ちを
傷つけられて、無気力になったり、屈折した形で
それを爆発させたりするようになるのです。
「この子は小さいときはおせっかいだったのに、
大きくなったら、なんの手伝いもしない」
などという親の不満は、案外そうしたことが
原因かもしれません。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 親子・家族

関連記事

母親の愛情

母親の愛情

いちばん大切なのは、子どもが幼いときに母親が 常に愛情こまやかに慈しみの心や愛について語り 聞かせ、 …

指針を示せる親

指針を示せる親

昔の親は、自分の経験から得た哲学というか 人生観を持っておりました。 地震、雷、火事、親父というよう …

親子の絆

親子の絆

親子の絆というものは、そんなに簡単に切れる ものではありません。 これまで、なんでも親の言うとおりに …

採用情報  お問い合わせ