親子・家族

投稿日:2020年9月12日

親への感謝が基本

子どものない人はいても、親のない人はいません。
縁として生まれてくるのですから、親子の縁は
自分がこの世に生きていくいちばん基本の
関係です。
その親に対する考え方が確立できていなくては、
他人との関係がうまくいくはずがありません。

「孝は百行の本」と昔からいわれてきました。
自分が幸福になろうと思ったら、
まず親孝行ができなくてはならない。
日蓮聖人は、「孝と申すは高なり、
天高けれど孝よりは高からず。
又孝とは厚なり、
地厚けれども孝よりは厚からず。
聖賢の二類は孝の家より出たり」
とおっしゃられています。

人間関係のいちばんの出発点である親への感謝が
できないと、社会のあの人この人との関係、
あの国この国との関係も保てません。
出発点がぐらついていると、
関係が拡大していればいくほど、
ずれが大きくなってしまうのです。

いまの社会のさまざまな問題の大もとは、
親を通して仏さまのいのちを頂戴できたその恩を
教えなくなったことに原因があるように、
私は思えるのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 親子・家族

関連記事

母親の愛情

母親の愛情

いちばん大切なのは、子どもが幼いときに母親が 常に愛情こまやかに慈しみの心や愛について語り 聞かせ、 …

親子の絆

親子の絆

親子の絆というものは、そんなに簡単に切れる ものではありません。 これまで、なんでも親の言うとおりに …

結婚という修行

結婚という修行

女性にとって結婚はゴールインどころか、 大修行の始まりなのですね。 まず、お母さんから別れるという修 …

採用情報  お問い合わせ