ことわざ

投稿日:2020年7月24日

立つ鳥跡を濁さず

たつとりあとをにごさず

立ち去る者は、あとを見苦しくないよう
きれいにしておくべきであるという戒め。
また、引き際が潔くきれいであることのたとえ。

水鳥が飛び立ったあとの水辺は、
濁ることなく澄んでいるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

和を以て貴しとなす

和を以て貴しとなす

[ わをもってとうとしとなす ] 人々がお互いに仲良くやっていくことがもっとも大切なことである。 何 …

人事を尽くして天命を待つ

人事を尽くして天命を待つ

じんじをつくしててんめいをまつ 人間ができる限りのことをし、 あとは静かに天命にまかせること。 事の …

亀の甲より年の劫

亀の甲より年の劫

かめのこうよりとしのこう 年長者の人生経験や知恵は尊重 しなければならないというたとえ。 「亀の甲」 …

採用情報  お問い合わせ