四字熟語

投稿日:2020年10月22日

六道輪廻 / ろくどうりんね

六種の世界を経めぐりながら、生まれかわり
死にかわりしてゆくこと。

仏教語。
「六道」は衆生がめぐる六種の世界。
「地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上」。
そのうちのどこに生まれ変わるかは、
生前の行為の善悪による。
「輪廻」は、車輪が回転するように、
際限なく生死をくり返してゆくこと。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 四字熟語

関連記事

一念発起 / いちねんほっき

一念発起 / いちねんほっき

それまでの考えを改め、あることを成し遂げようと 決意し熱心に励むこと。 もと仏教語で、「一念発起菩提 …

明朗闊達 / めいろうかったつ

明朗闊達 / めいろうかったつ

明るく朗らかで、 細事にこだわらないさま。 「明朗」は明るく朗らかなさま。 「闊達」は心が大きく、小 …

私利私欲 / しりしよく

私利私欲 / しりしよく

私的な利益と私的な欲望。 自分の利益や自分の欲求を満たすことだけを 考えて行動することもいう。 …

採用情報  お問い合わせ