ことわざ

投稿日:2020年10月23日

起きて半畳寝て一畳

おきてはんじょうねていちじょう

必要以上の富貴を望んでも、
しかたがないとういこと。
人間一人が占める広さは起きているときで半畳、
寝ているときでも一畳であることから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ

犬は三日飼えば三年恩を忘れぬ

いぬはみっかかえばさんねんおんをわすれぬ 人間は恩知らずであってはならないという戒め。 犬は三日間飼 …

猫に小判

猫に小判

ねこにこばん 貴重なものを持っていても、 価値を知らないと何の役にも立たない ことのたとえ。 …

門松は冥途の旅の一里塚

門松は冥途の旅の一里塚

かどまつはめいどのたびのいちりづか 門松はめでたいものだが、正月を迎えるごとに 年をとって死に近づく …

採用情報  お問い合わせ