ことわざ

投稿日:2020年10月23日

足ることを知る

たることをしる

自分はこれで十分だと満足すること。
分相応に満足する気持ちを持つことが、
常に心も満ち足りた豊かさを生むということ。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

孝行のしたい時分に親はなし

孝行のしたい時分に親はなし

こうこうのしたいじぶんにおやはなし 親が死んだあとで、生きているうちに孝行を しておくべきだったと悔 …

若い時の苦労は買うてもせよ

若い時の苦労は買うてもせよ

わかいときのくろうはこうてもせよ 若いうちにする苦労は、将来必ず役に立つから、 進んで経験するのがよ …

坊主丸儲け

坊主丸儲け

ぼうずまるもうけ 元手なしで思わぬ大きなもうけを することのたとえ。 僧侶は経費をかけずに、お経をあ …

採用情報  お問い合わせ