日曜日/仏教の教え

投稿日:2020年7月12日

自燈明・法燈明の教え

釈尊が入滅を前にして阿難にいい残された教え。

「またとない大導師であられる世尊が
なくなられたら、いったいわれわれはだれを
頼りにして修行し、生きていけばいいのだろうか」
という阿難の不安に対して、釈尊はこうお教えに
なったのです。

「阿難よ。あなた方は、ただ自らを燈明とし、
自らをよりどころとするのです。
他人をよりどころとしてはいけません。また、
法お燈明とし、法をよりどころとするのです。
他をよりどころとしてはなりません。

この教えほど、正しい宗教の神髄を短いことばの
うちにいい尽くしたものはないと思います。

あくまでも自分で立ち、自分で歩まなければ
いけないよ、とさとされたのです。
それでは、その自分は何をよりどころとして
生きればよいのか。
「法」よりほかにはない。
「真理」よりほかにはない。
まちがっても、他をよりどころにしてはならないよ
と、お教えになったのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 日曜日/仏教の教え

関連記事

弾琴(だんきん)の教え

弾琴(だんきん)の教え

釈尊はこうお聞きになりました。 「守籠那(ソーナ)よ。あなたは家にいたころ、 たいへん琴を弾くのが上 …

欲を離れた人の強さ

欲を離れた人の強さ

欲があるから人間は努力し、 文明も発達してきたわけですが、その反面、 欲のために人びとは争い、羨望し …

中道の教え

中道の教え

釈尊はまずこうおっしゃいました。 「比丘(びく:男性の修行者)たちよ、比丘の 親近してはならない二つ …

採用情報  お問い合わせ