日曜日/人生・宗教

投稿日:2020年8月30日

善因は必ず善果に

善因は善果をもたらし、悪因は悪果を招くという
考え方をすべきです。
しかし、現在の世の中を見ていると、必ずしも
そのとおりになっていない場合があるように
思う人も多いかもしれません。

目の前のことだけを見ていると、
「善因を積んでも少しも善いことがなく、
悪いことをして平気で大手を振って歩いている
人がいるじゃないか」と納得できないことも
ありましょう。

たとえば政治の世界でも、何億というお金を
受け取っても収賄罪に問われることがなかったり、
清潔な選挙をした候補が落選して不正行為をした
候補が当選するといったことが
あまりにも多いのは事実です。
それで、善因善果、悪因悪果といっても、
もうひとつ説得力がないようにも思えるのですが、
五年、十年という長い年月をとおしてみると、
その因果の道理のとりになっているものです。

ですから私たちは、まず道理がきちんと
通用する健全な社会をつくる努力と同時に、
時の経過によって必ず善因は善果に、
悪因は悪果となって現れることをいつも忘れずに
毎日を送ることがなによりも大事だと思うのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 日曜日/人生・宗教

関連記事

人の悲しみを悲しむ心情

人の悲しみを悲しむ心情

つらい経験をして悲嘆にくれる人に出会ったとき、 私たちは相手を思い、ときにはともに涙したり、 手をと …

自由に使える時間

自由に使える時間

いまは人生八十年時代と言われます。 八百時間は切り捨てて七十万時間としてみますと、 職者の説によると …

相手の身になる

相手の身になる

人それぞれが置かれている環境、 育った環境によって、 たとえ同じことを経験しても、感じ方、 受け取り …

採用情報  お問い合わせ