土曜日/親子・家族

投稿日:2020年8月29日

指針を示せる親

昔の親は、自分の経験から得た哲学というか
人生観を持っておりました。
地震、雷、火事、親父というように、
父親は怖いもののひとつであったわけです。

がんこ親父という言葉が示すように、
自分なりの信念を持っていて、
それに違背するようなことを子どもたちがすると、
とたんに雷が落ちたものです。

もちろん、昔の親の考え方のすべてが正しかった
わけではありませんが、かくあるべきだという
生活の指針を持っていたのは確かです。

ですから、昔も親子の衝突はありましたが、
しかし、その衝突の原因は極めて明確で、
子どもは、叱られながらがまんすることを
学びましたし、たとえ衝突のあげく
親の意に反する選択をしても、
自分で選んだ道だと責任を自覚し、
かりに失敗しても、泣きごとなどあまり
言わなかったように思うのです。

山本七平氏が、「もの分かりのよい親というのは、
なんの方針も持たぬ親と同じだ」といった意味の
ことを書いておられましたが、
まことに耳に痛い言葉です。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 土曜日/親子・家族

関連記事

心にしみいる言葉

心にしみいる言葉

お医者さんが病人を病人と見たのでは病気は 治せない、といいます。 健康な人が、いま、たまたま病んでい …

わが子を拝む心

わが子を拝む心

授かった子どもが男の子だから女の子だから といって、不平不満を言うような愚かなことが あってはなりま …

親への感謝が基本

親への感謝が基本

子どものない人はいても、親のない人はいません。 縁として生まれてくるのですから、親子の縁は 自分がこ …

採用情報  お問い合わせ