土曜日/親子・家族

投稿日:2020年9月19日

わが子を拝む心

授かった子どもが男の子だから女の子だから
といって、不平不満を言うような愚かなことが
あってはなりません。
子どもは自分で勝手にこしらえられるものだと
考えたら大間違いです。

神仏から授かる子どもは、親に「本当の生き方」を
教えてくれるためにきてくれたお使いです。
心身ともに純白のままで生まれてきた子どもが、
一日一日、目に見えて成長していくその変化を
見守っていると、親の自分がどれだけ精進できて
いるか、よく分かります。

ところが、子どもがだんだん大きくなってくると、
そこのところを忘れてしまい
「本当にしょうのない子だ」とか、
「どうしてこんな子になってしまったんだろう」と
言いだす親が多くなるのです。

わが子を神仏からの授かりものと拝む心、
それがなによりも大切なのです。
そういう心になると、親のいたらなさを子どもが
教えてくれているのがよく見えてきて、
親のほうこそ努力しなくては、
という気持ちにならずにいられません。

親御さんがそういう素直な心になってこそ、
子どもが素直に育っていくのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 土曜日/親子・家族

関連記事

人を思いやる心

人を思いやる心

人間にとっていちばん大事なのは、 人さまの心が分かること。 つまり、人の喜びや悲しみがよく分かって、 …

親への感謝が基本

親への感謝が基本

子どものない人はいても、親のない人はいません。 縁として生まれてくるのですから、親子の縁は 自分がこ …

女の三従

女の三従

聖徳太子は『勝鬘経』という経典の解説で 「家にあっては親に従い、嫁いだら夫に従い、 年老いたら子に従 …

採用情報  お問い合わせ