ことわざ

投稿日:2020年7月24日

立つ鳥跡を濁さず

たつとりあとをにごさず

立ち去る者は、あとを見苦しくないよう
きれいにしておくべきであるという戒め。
また、引き際が潔くきれいであることのたとえ。

水鳥が飛び立ったあとの水辺は、
濁ることなく澄んでいるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

初心忘るべからず

初心忘るべからず

しょしんわするべからず 何事も最初の謙虚な気持ちや真剣な決意を 忘れてはならないということ。 習い始 …

豚に真珠

豚に真珠

ぶたにしんじゅ どんなに価値のあるものでも、 その価値がわからない者には、 何の役にも立たず、 無意 …

朔日毎に餅は食えぬ

朔日毎に餅は食えぬ

ついたちごとにもちはくえぬ いつもよいことがあるとは限らないということ。 ついたちに餅が食べられるの …

採用情報  お問い合わせ