金曜日/ことわざ

投稿日:2020年7月24日

立つ鳥跡を濁さず

たつとりあとをにごさず

立ち去る者は、あとを見苦しくないよう
きれいにしておくべきであるという戒め。
また、引き際が潔くきれいであることのたとえ。

水鳥が飛び立ったあとの水辺は、
濁ることなく澄んでいるという意から。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 金曜日/ことわざ

関連記事

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ 知らないことは積極的に質問したほうが よいという教え …

鬼に金棒

鬼に金棒

おににかなぼう 強い上に、さらに強さを加えることのたとえ。 ただでさえ強い鬼に、鉄の棒を持たせる意か …

若い時の苦労は買うてもせよ

若い時の苦労は買うてもせよ

わかいときのくろうはこうてもせよ 若いうちにする苦労は、将来必ず役に立つから、 進んで経験するのがよ …

採用情報  お問い合わせ