ことわざ

投稿日:2020年8月28日

飛んで火に入る夏の虫

とんでひにいるなつのむし

進んで危険に身を投じ、災難を招くたとえ。
灯火に集まってくる虫が焼け死ぬことから。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー ことわざ

関連記事

帯に短し襷に長し

帯に短し襷に長し

おびにみじかしたすきにながし 中途半端で、役に立たないことのたとえ。 物の使い道や人間の能力を評価す …

千里の行も足下より始まる

千里の行も足下より始まる

せんりのこうもそっかよりはじまる どんな大きな事業も、手近なところから始まり、 着実に努力を重ねてい …

搗いた餅より心持ち

搗いた餅より心持ち

ついたもちよりこころもち 品物より心尽くしがありがたいということ。 搗いた餅をもらうのは嬉しいが、そ …

採用情報  お問い合わせ