日曜日/人生・宗教

投稿日:2020年7月26日

自由に使える時間

いまは人生八十年時代と言われます。
八百時間は切り捨てて七十万時間としてみますと、
職者の説によると、その半分の三十五万時間は、
寝たり、ぼんやりして過ごしているのだそうです。
ではあとの半分の三十五万時間は、
どのように使われているのでしょうか。
その方の計算によりますと、
小学校から大学まで学校で勉強する時間が
二万時間、仕事で働く時間がが八万時間、それから
通勤・通学に三万時間をかけているといいます。
これを三十五万時間から引きますと
「二十二万時間」が残ります。
これが、みなさんが自由に使える時間
ということになるわけです。

問題は、この時間をどう過ごすかです。
自分の欲望充足のためだけに使うか、
人生を実り豊かなものにするために使うか。
それはみなさんの自由です。
ということは、自己の責任を問われている
ことになるわけです。

二十二万時間をどう過ごすか。
だらだらと生きてしまうか、
充実感をもって生きるか。
人が決めてくれるのではなく、
自分の責任で決めなければならないのです。

株式会社北陸通商
〒931-8321 富山県富山市犬島2丁目2-7
TEL:076-438-6021
FAX:076-438-6022

この記事を書いた人昭和43年12月22日生 (冬

カテゴリー 日曜日/人生・宗教

関連記事

恨みをすててこそ

恨みをすててこそ

実にこの世においては 怨みに報いるに 怨みを以てしたならば ついに 怨みの息むことがない 怨みをすて …

人の悲しみを悲しむ心情

人の悲しみを悲しむ心情

つらい経験をして悲嘆にくれる人に出会ったとき、 私たちは相手を思い、ときにはともに涙したり、 手をと …

自分を飾るよりも

自分を飾るよりも

人間としてこの世に生を受けることは 至難なことです。 自分を産んでくれた両親をはじめ、 代々のご先祖 …

採用情報  お問い合わせ